協議離婚


離婚 問題
離婚後の生活
離婚して
母子家庭になる場合
離婚調停
協議離婚
子供がいて
離婚をする場合
離婚後の戸籍
離婚後の再婚   
離婚後に
子供連れで
再婚する場合
離婚後
受けられる福祉

協議離婚


協議離婚とは、裁判所などを通さずに
双方で話し合い納得の上、
離婚届に判を押す方法です。


しかし、協議離婚ではいくつかの点で
注意をしなければいけません。
いったいどこに注意をしたらよいのかというと、
養育費、慰謝料などの金銭面、
そして子供がいる場合は面会の回数や頻度です。


特に、協議離婚の場合は、
双方の話し合いですから、
口約束になりがちですが、
これが失敗の原因となります。


養育費、慰謝料に関して、
そして子供がいる場合の面会に関して、
また子供がいる場合、
再婚した場合の養育費や面会なども
事細かに書面にして、公正証書として残すべきなのです。


何故、そのようにするのかというと、
トラブルになって裁判所や
弁護士が間に入ったときに、
それらが口約束ではないということを
はっきりとさせられるからです。


書面にし、日付を入れて
判が押してあるだけでも
口約束と違うので効果はあります。


こういった点に注意して
協議離婚は行わなければいけません。
離婚後の多くのトラブルはそういった点が多いのです。
特に子供がいる方は養育費の面は
きちんと話し合いましょう。
どちらか片方の責任で
子供が生まれたわけではないのです。


子供が成人するまでは、
親は責任を背負わなければいけません。
そういうことを考えると、
やはりきちんとした責任を果たすために、
協議離婚であっても、
書面に残しておくことが
大切だということがいえますね。


英会話を習うなら事前にオンライン英会話 比較を見て下さい。
このサイトではさまざまなオンライン英会話スクールの
比較をしてどのスクールが良いのかを調べています。