子供がいて離婚をする場合


離婚 問題
離婚後の生活
離婚して
母子家庭になる場合
離婚調停
協議離婚
子供がいて
離婚をする場合
離婚後の戸籍
離婚後の再婚   
離婚後に
子供連れで
再婚する場合
離婚後
受けられる福祉

子供がいて離婚をする場合


子供がいて離婚をする場合は、
親権者を決めなければいけません。


親権者と監護権です。
親権は未成年の子供が成人するまで、
教育し財産を管理する
父母に与えられるものです。


監護権、または養育権ともいいますが、
未成年の子供を責任持って
育てる権利のことをいいます。


離婚届に記載しなければいけないのは、
親権についてです。
親権者は、未成年の子供に対して
絶対つけなければいけません。


ですから父母のどちらかが必ずなる必要があり、
これを記載しないと離婚できません。


また監護権は親権とは別物で、
こちらは記載する必要はないので
協議離婚では口約束で終わる程度になりますが、
出来れば慰謝料、
養育費などの取り決めを書面で残し、
その際に、この監護権も
その書面に記載しておくとよいでしょう。
トラブル防止のためです。


子供がいて離婚する場合、
子供が複数いる場合は、
全部まとめてではなく一人一人に
親権者を書かなければいけません。
面倒に思うかもしれませんが、
それが離婚届を書く上でのルールとなっています。


こういった親権者、
監護権などが子供がいて
離婚をする場合は決まりにくい、
トラブルになることが多いのですが、
協議離婚で決まらない場合は
離婚を家庭裁判所に申し立てて、
調停員の判断などによって
決める方法もあります。