離婚後の戸籍


離婚 問題
離婚後の生活
離婚して
母子家庭になる場合
離婚調停
協議離婚
子供がいて
離婚をする場合
離婚後の戸籍
離婚後の再婚   
離婚後に
子供連れで
再婚する場合
離婚後
受けられる福祉

離婚後の戸籍


離婚をする前は、夫婦の戸籍がひとつでした。
結婚すると戸籍が作られるので、
この仕組みは大雑把に
把握している人が多いと思いますが、
離婚をしたらもとに戻るのではなく
二つに分かれていきます。
妻の戸籍と夫の戸籍です。


離婚後、妻は新しい戸籍を単独で作るか、
結婚前の戸籍に戻るか
といった選択になります。

大半の人は、新しい戸籍を作るのではないでしょうか。
では、妻が子供を引き取った場合、
子供の戸籍がどうなるのか知っていますか?


子供の戸籍は妻が引き取ったとしても、
原則として結婚時の夫婦の戸籍に残ります。


母親が旧姓に戻ったとしても、
手続きをしなければ、
子供の氏は母親と同じ氏になりません。
そうなると子供の氏と戸籍が別になります。


これを母親と一緒にする場合は、
家庭裁判所に氏の変更許可審判を申し立てます。
この場合は、特に難しい手続きはありません。
離婚したことを告げて、
簡単な書類にそれらのことを記載して提出すると、
数日で子供の氏は変更されます。


もちろん、戸籍もこれによって
改められますので問題ありません。


面倒かもしれませんが、
離婚前の夫婦でいたときの氏を
名乗らせたくないのでしたら、
離婚後に一度家庭裁判所に
足を運ぶようにしておきましょう。